完ミ育児

赤ちゃんを待たせず粉ミルク作り!時短方法を紹介

1日に何度も行うミルク作り、大変ですよね。

お腹が空いて泣いている子どもを待たせ、急いでミルクを作らなければならない場面

夜眠く、意識が朦朧としている中でミルクを作らなければならない場面

ミルク作りはスピード重視ですが、どうしても時間が取られてしまうもの。

作ったら終わりじゃない、ミルクが終了したら哺乳瓶洗いと消毒だ。寝てしまいたい…

1日に何度も行うミルク作りだからこそ、もっと楽に・もっと素早くしたいですよね。

この記事では、完ミ育児を3回経験した筆者が、とにかく楽ですぐ終わるミルク作りを模索した過程を紹介します。

筆者流・粉ミルクを作る流れを短縮する方法

3人の子どもを完全ミルクで育てましたが、ミルク作りの流れはほとんど同じです。

  • 消毒済みの哺乳瓶に粉ミルクを入れる
  • お湯を入れる
  • ミルクを冷ます

文字にすると簡単ですが、母乳と比べればはるかに時間がかかります。

順序を見ていきましょう。

粉ミルクを入れる時間は短縮できる?

粉ミルクを専用スプーンすり切りで入れるのは、赤ちゃんが泣いて焦っていると、失敗しやすいですよね。

粉をこぼすと掃除の手間がかかるし、イライラして精神的によくありません。

粉ミルクの量は、余裕があるときに月齢に合わせて量っておくと、作るとき楽になります。

飲む量が定まらない新生児のときは、臨機応変に対処します。

粉ミルクの量を調節する例
  • スプーン2杯分の粉ミルク→ミルク40ml
  • スプーン3杯分の粉ミルク→ミルク60ml
  • スプーン4杯分の粉ミルク→ミルク80ml

こんなイメージで、出来上がりのミルク量を調節してケースに入れておきます。

筆者はピジョンミルカーを使っていました!

 

ちなみに、下記ははぐくみの月齢量です。

粉ミルクの量は、「メーカーが量を消費して欲しくて多めに記載している」とまことしやかな噂がありますが、記載されているのはあくまで目安。

あげ過ぎ・飲まな過ぎに注意して、身長体重の伸びを確認することが大切です。

ミルクを溶かすお湯の常備方法

粉ミルクは、70℃以上のお湯で溶かすことが推奨されています。

しっかり管理された場所で作られている粉ミルクでも、製造工程で菌が進入してしまう可能性はゼロではないからです。

まだ抵抗力の弱い赤ちゃんを菌に感染させないため、粉ミルクは70℃以上のお湯で作ります。

しかし、ミルクの時間に毎回お湯を沸かすのは時間がかかりすぎます。

70℃以上のお湯は、常備しておくのがおすすめです。

お湯を常備しておく方法
  • 70°Cにキープしてくれるポットを使う
  • 保温ポットを使う

ミルクを冷ます時間を短縮する方法

意外と重要なのが、ミルクを冷ます工程。ミルクが熱すぎると赤ちゃんがヤケドしてしまうので、しっかり冷ます必要がありますよね。

いちの
いちの
ほほえみを販売しているMeijiによると、約40°Cまで冷ますとよいそうです!

冷水で冷ますのがよく教えてもらうやり方ですが、正直冷めるまでに時間がかかるのでおすすめできません。

そこで私が実践していたのが、お湯を半分入れてしっかり粉を溶かし、残りの半分は水を入れること!

水を直接入れて冷ますことで、水道水や冷水で冷ます手間が短縮されます!

一度封を開けた水は、2〜3日で使い切るようにし、必ず冷蔵庫で保管していました。

ポイントとして、常温水を入れる前のお湯で、しっかり粉ミルクを溶かしておくこと。

粉ミルクは、お湯の温度が高ければ高いほど溶けやすいのですが、反対に温度が下がると溶けにくくなります。

ミルクを冷ます前に、粉がすべて溶けるように、哺乳瓶を振りましょう。

いちの
いちの
さあ、これでミルク完成です!

次は、飲み終わった哺乳瓶の消毒についてお話しします。

哺乳瓶の消毒はいつまで必要?

ミルクの哺乳瓶の消毒は、だいたい生後4ヵ月〜6ヵ月くらいまで行います。

消毒の方法は、主に3つ。

  • お鍋で煮沸消毒
  • 薬剤消毒
  • 電子レンジ消毒

私の周りでは、薬剤消毒が一番多い印象でした。

洗った哺乳瓶を薬剤液に入れるだけなので、確かにとっても楽なんです。

でも、専用の容器や消耗品の薬剤を毎回買う必要があるので、コスパがいいとは言えません。

いちの
いちの
私が実際使っていた方法は「電子レンジ消毒」

洗った哺乳瓶を、高温の電子レンジで消毒します。

洗って、専用容器を入れて、電子レンジでチンするだけ!

薬液に入れるだけの薬剤消毒よりはちょっと手間に見えますが、全然大したことありません。

いちの
いちの
私のおすすめは、電子レンジ消毒ですよ〜

しかも哺乳瓶消毒が必要なくなったら、離乳食の蒸し器としても活用できちゃうんです!

コスパがよくてびっくり!

粉ミルクを作るときの負担を軽くするには?

スピードを求められる粉ミルク作り。もっと負担を軽くできたら嬉しいですよね!

3人完ミで育てた筆者が、実際行っていた方法を紹介します。

粉ミルクはのお湯は水道水でOK?

ベビー用品売り場には調乳用の水が販売されていますが、毎回買うのは大変です。

ただでさえミルクを購入するコストがかかっているのに、水の負担が増えますし、買い物での荷物が重くなります。

自宅でミルクをあげるときは水道水でOK!

日本の水道水の安全水準はとても高く、赤ちゃんに飲ませても安心です。

しかし水道水をそのまま使うには、まだ赤ちゃんの体は未熟。必ず沸騰させてから使います。

お湯を沸騰させる道具におすすめはある?

普段は何気なくお湯を沸かしていますよね。

大人ならお湯が沸くまで待つのは普通ですが、赤ちゃんは待てません。

私は子どもにミルクをあげているとき、電気ポット・電気ケトル・ヤカンと、3種類使ってきました。

最初に使っていたのは、電気ポットです。

象印の電気ポットを使っていましたが、一度沸騰させたお湯を70℃で保温してくれるところがよかったです!

洗うのが大変なのがデメリットでした。

次に使っていたのが、ボタン一つですぐ沸く、電気ケトルです。

沸騰させる時間を短くしたいなら、電気ケトルがおすすめ!コーヒーを飲みたいときなどに活躍しました。

電気ポットは保温できますが、電気ケトルやヤカンは保温までできません。そのままにしておくと常温になってしまいます。

保温できない場合、毎回お湯を沸かすのが手間なので、魔法瓶も併用するのがおすすめです。

ヤカン・保温ポットの2個使いになりますが、洗うのがとっても楽なので、最終的にヤカンと保温ポットで落ち着きました。

我が家はIHなので、IH対応のヤカンを使っています。

粉ミルク調乳用に特化した保温容器もありますよ!

ミルクは事前に粉を計っておくと楽

粉ミルクを毎回量るのは、積み重なると手間と感じることもあります。

ミルクを飲む量がある程度安定してきたら、予め量っておくと楽です。

↓測る必要のないミルク↓

↓量って保管しておくのにおすすめケース↓

特に夜は、寝ぼけているとき力を発揮する方法です。

いちの
いちの
数えていたはずなのに、すっかり飛んでしまうことがよくある…

昼間に量っておくと安心ですよ!

キューブや小分けパック・液体ミルクを活用

主にお出かけ用に便利な、キューブや小分けパックになった粉ミルクですが、普段使いでも活用できます。

使い切りなので、「あと何杯入れる?」と数える必要がありません。

液体ミルクはもっと簡単で、すでに完成されているミルクを哺乳瓶に移し替えるだけ!

◆江崎グリコ アイクレオ 赤ちゃんミルク(液体ミルク) 125ml【12本セット(ケース販売)】△明細書同梱無し

赤ちゃんが泣いて待っているときは、特に助かりますね。

デメリットとしては、量が決まっているので、「もうちょっとだけ欲しい」「ちょっと少ない」などの柔軟性に欠けること。

通常のミルクより割高なこともあり、日常使いには向かないかもしれません。

いちの
いちの
お出かけ用にはとっても重宝しました!

まとめ

1日何回も調乳しなければならないミルク。

お腹が空いて泣いている赤ちゃんをなるべく待たせず、かつ手間を極力省きたいですよね。

紹介した方法まとめ
  • ミルクを冷ます手間を省くために、半分は常温の水を入れる
  • 哺乳瓶の消毒は、薬剤消毒か電子レンジ消毒がおすすめ
  • お湯はポットやケトルなどで予め用意しておく
  • 粉ミルクを量っておく

以上を取り入れれば、大変なミルク作りが、ちょっとでも楽になると思いますよ!